セクハラ 賠償 No.1|過重労働、労災事故、雇用上の差別、パワーハラストメント、セクシャルハラストメント、不当解雇が原因で貴社、または役員、従業員が負担する損害賠償金、訴訟費用を補償する制度を紹介します。労働契約法、安全配慮義務、労働基準法を遵守し、働き方改革、残業削減に努力する会社も安心できる制度です。

パワハラ保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

セクハラ 賠償 No.1

職場でモラハラが問題となりフィット総合保険さんに相談を

経営者としては大変反省するべきことですが、モラハラという言葉の意味を理解していなくて、まさか職場でモラハラをはじめパワハラやセクハラまで蔓延しているとは思いませんでした。

セクハラ 賠償

いくら中小企業とは言えこの問題をうやむやにしておくことはできなくて、今回フィット総合保険さんに保険も含めて経営者としての対処方法を相談させていただきました。

段落

セクハラ 賠償

派遣社員へのセクハラ行為が発覚して

これまでも過重労働や労災事故に備えて保険には加入していましたが、どんどん会社の規模と従業員数も拡大していき、経費削減にためにパートやアルバイトの他にも派遣社員を多く雇用するようになりましたが、以前は9割が男性社員ということもあってまさか社内でセクハラ行為が行われているとは思っていませんでした。

昨今セクハラやパワハラがメディアなどでも話題となっていて、海外では特にセクハラ問題で上司や経営者までバッシングを受けたり解雇される事案が目立っていて、私自身はもちろんセクハラ行為はもちろんパワハラ行為はしていないつもりでも、セクハラはともかくパワハラに関しては受け取る側がどう感じているのかでその行為を無意識にしているかもしれないと思うと怖くなり、それにきちんと備えておいた方がいいと思いこの度フィット総合保険さんのお世話になることにしました。
すると派遣社員を対象にしたセクハラ行為が今回実施した社内調査により発覚して、幸い今回は訴訟などを起こされることもなく内々で話を納めることはできましたが、今回の件でもセクハラをしていた方には相手にこれほどまでに不快な想いをさせていた自覚はありませんでした。
その他にも軽いセクハラやパワハラを感じたことがある者は正社員だけではなく派遣やパートやアルバイトまで全てのスタッフが感じたことがあるという調査結果が出て、各自の意識をしっかり持つことがもちろん最重要課題ですが、まさかのための備えを経営者としてはしておくべきだと思いフィット総合保険さんに全てに対応できる保険を選んで頂き加入することにしました。

これまでも加入していた保険の見直しをもしてもらうことで、トータルの保険料が大幅に削減できたことも嬉しく思います。
今後も保険に加入するだけでなく、セクハラ・パワハラ問題についてもいろいろ相談に乗ってもらえるということなので、何卒よろしくお願いいたします。
お問い合わせ・ご相談フォーム

PageTop