セクハラ 賠償 No.2|過重労働、労災事故、雇用上の差別、パワーハラストメント、セクシャルハラストメント、不当解雇が原因で貴社、または役員、従業員が負担する損害賠償金、訴訟費用を補償する制度を紹介します。労働契約法、安全配慮義務、労働基準法を遵守し、働き方改革、残業削減に努力する会社も安心できる制度です。

パワハラ保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

セクハラ 賠償 No.2

セクハラ 賠償

秘書課からセクハラ被害の報告を受けて

この度秘書課からセクハラ被害の報告を受けて、会社の代表者として真摯に事の重大性を認識して社内で調査委員会を立ち上げることにしました。
大企業ではありませんが人数だけをみるとすでにそのレベルに達していて、正直社員全員の顔と名前がすでに一致しない状態になっていました。
役員全員の行動にも目が届かなくなっていて大変な事態とは認識していますが、今回保険に含めてある意味良い機会だということで問題の早期解決を図ることにしました。

世間ではセクハラ行為による損害賠償事件もたくさん起きていて、数千万円の損害賠償請求をされている事案も複数あることも今回の件で確認できました。
経営者として会社の経営を守るためには使用者賠償責任保険に加入しておかなければいけないことをフィット総合保険さんにいろいろ相談させていただき良く理解できました。
セクハラ問題というものはとても根深いもので、簡単に身内だけで調査してもなかなか簡単にその実態をストレートに伝えてくる社員も少なくて、調査自体もデリケートに秘密裏に行わなければいけないことも今回の件で良く分かりました。

また調査をしているうちにセクハラだけではなくパワハラも社内では蔓延していることが分かり、中には私自身に対する意見も出てきたことには動揺を隠せませんでした。
力関係が存在する社内においては一人ひとりがきちんと大きな問題だと受け止めて行動する必要がありますが、経営者としてはきちんと保険という形で対策しておくことも重要なことを今回のことで強く感じ勉強になりました。
今後もいろいろな対策が必要だと思うので、フィット総合保険さんには是非力になっていただけると幸いです。

段落

職場で嫌がらせがあるという相談が

昨今セクハラやパワハラが世の中では騒がれているため、自社に限ってそのようなことはないと思いましたが念の為無記名でアンケートを取ってみると、職場でいろいろな嫌がらせが起きていることが発覚しました。

セクハラ 賠償

早急に詳しく調査をすることにしましたが、会社の存続がかかる大きな問題であることを認識してパワハラ保険たるものが存在していることを今回はじめて知り、フィット総合保険さんのお世話になりました。
まだ完全に問題は解決していないし表面化もしていませんが、フィット総合保険さんからもいろいろなアドバイスをいただけてどうもありがとうございました。
お問い合わせ・ご相談フォーム

PageTop