セクハラ 賠償 No.4|過重労働、労災事故、雇用上の差別、パワーハラストメント、セクシャルハラストメント、不当解雇が原因で貴社、または役員、従業員が負担する損害賠償金、訴訟費用を補償する制度を紹介します。労働契約法、安全配慮義務、労働基準法を遵守し、働き方改革、残業削減に努力する会社も安心できる制度です。

パワハラ保険
  • 会社概要
  • お問い合わせ・ご相談フォーム

セクハラ 賠償 No.4

セクハラ 賠償

セクハラの時効についても調べてみましたが

父の病気が見つかり、予定よりも早く父の会社にいくことになりました。
もともと後継者として私が父の会社に行くことは役員たちも認識していて知っていたのでスムーズに職務に就くことはできましたが、社内の人間関係や役員をはじめ社員の人間性についてはほとんど情報がありませんでした。
地元ではそれなりに大きな会社ですが、これまでいた東京の上場企業に比べるといろいろな面でまだまだ整備しなければいけない部分があって、セクハラやパワハラの保険への加入についても早急に行わなければいけないことでした。

以前働いていた会社ではセクハラやパワハラなどがあれば相談できる窓口がしっかり用意されていてプライバシーも守られる体制が整っていましたが、そのような対策は一切されていませんでした。
社員が100人以上いると一人ひとりの情報を覚えるだけでも大変でしたが、女子社員も多くアンケートを取ると不安が的中して役員の中にもセクハラやパワハラをしている人間がいました。
中にはセクハラまがいの嫌がらせを受けて退社した社員がいることも分かり、それについていろいろ調べてみると、セクハラ罪というものはありませんが民事で損賠賠償を請求されている事例はたくさんあって、退職後に裁判を起こされているケースも少なくはないことが分かりました。

セクハラ被害にあったせいでうつ病や対人障害などのメンタルヘルスにり患してしまい、セクハラの責任追求を直ちにできないこともあって、セクハラの時効が3年であることも分かりました。
したがって現時点で社内でセクハラを防止できても3年間は安心できないことも分かり、すぐに保険に加入することにしてフィット総合保険に相談しましたが、セクハラ以外にもいろいろ備えなければいけないことがあることも分かりました。

段落

パワハラなどで退職が出る前に対策をすることにして

会社が小さい時には経営者として社員全員の名前も人間関係もおおよそ把握できていましたが、年々社員の数が増えてくるとそれは困難になっていきました。

セクハラ 賠償

たとえそれができたとしても社内のパワハラやセクハラを止めることは難しく、それが原因で退職者が出る前にフィット総合保険さんのお世話になることにしました。

今の時代何かがあってから対策しても遅いことが良く分かり、これからも色々なハラスメントが出てくると思うので、その都度対策をよろしくお願いします。
お問い合わせ・ご相談フォーム

PageTop